スマホ向け表示はこちら

カラフルでハッピーな世界をつくろう!
ホーム » お知らせ

「杉原千畝ハウス」塗装ボランティアご報告


弊社池田大平顧問「杉原千畝ハウス」塗装ボランティア活動 速報

2017年9月、塗装ボランティア団体「塗魂ペインターズ」元事務長である弊社池田顧問が、老朽化した「杉原千畝ハウス」(リトアニア共和国カウナス市)塗装ボランティアで頑張っています。9月上旬帰国予定です。

東京新聞:「命のビザ」千畝の思い、風化防げ リトアニア・杉原記念館が老朽化
2017年9月5日 朝刊

【カウナス(リトアニア中部)=栗田晃】第2次世界大戦中、外交官の杉原千畝(すぎはらちうね)(1900~86年)がナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人に「命のビザ」を発給したリトアニア・カウナスの旧日本領事館で4日、ボランティアの日本の塗装業者ら約60人による修復作業が始まった。現在は杉原記念館となっている建物は老朽化しており、日本の職人たちの技でリフォームする。

 参加したのは、全国の塗装業者らでつくる団体「塗魂(とうこん)インターナショナル」のメンバー。事務局長の池田大平さん(53)=愛知県春日井市=が新聞記事で旧領事館の老朽化を知ったことから「俺たちの出番」と思い立ち、仲間を誘った。(以下略)

関連リンク:ボランティアで塗装業界を塗り替える、塗魂ペインターズ